スポンサードリンク

契約サーバーに無料でメールマガジンシステムを導入したい「Acmailer」

無料でメールマガジンシステムを導入したい「Acmailer」
メールマガジンで信用を落としたくない。

でも、メールマガジンを導入してもっと伝えていきたい。
無料のメールマガジンのスタンドは、広告が入るので、変な広告が入るので、解除されたり、自分が提供しているサービスだと勘違いされてトラブルの元になったりします。

また、無料メルマガスタンドは、登録者一覧を見る事ができないので、誰が登録しているのか?が分からず細かな設定もできません。
「私きちんと登録できていますか?」などの質問に、「よくわかりません。」としか答えられなくなってしまいます。

かといって、定期的にメールマガジンを配信できるかまだわからない段階で、月額数千円かけて、配信エンジンを契約する少し気が引ける。
ご自身でホームページ用のサーバーを契約しているのであれば、メールマガジンの配信システムを取り入れる事が可能です。

主なAcmailerの機能

無料でありながら、非常に多機能に利用できます。
中規模のサービスを運営するのであれば、こちらの機能で十分機能すると思います。

  • 登録者一覧の管理
  • 承認機能
  • 携帯3キャリア対応+iPhone対応
  • 予約配信
  • テスト配信
  • 確実に届く配信エンジン
  • 不着メール管理機能
  • 配信履歴とバックナンバー
  • 空メール登録
  • ダブルオプトイン対応
  • 配信メールテンプレート機能
  • 登録件数カウンター
  • 設定エクスポート/インポート

登録者一覧の管理
無料のメールマガジンスタンドでは、実現できない、登録者一覧の閲覧ができ、削除や配信停止などの操作も可能です。

承認機能
メールマガジンを作成する人、配信する人、承認する人など、役割別にアカウントを作成できます。
ご配信は信用を落とす事につながります。誤植等がないように、複数の人数で確認後送信するという流れが理想的であると言えます。

携帯3キャリア対応+iPhone対応
パソコン用のメールアドレスはもちろん、スマートフォンやガラケーにも配信対応しています。スマートフォンでインターネットを閲覧する人が、パソコンよりも多くなっていますので、この機能は非常に重要です。

予約配信
メールマガジンを見てもらえる時間帯は、サービスによって異なります。一番忙しい時間帯に送信しても、見てもらえる可能性は下がります。
サービスにマッチした最適な時間帯にメールマガジンを予約配信することで、解除率も下がり、申し込み等につながりやすくなります。

テスト配信
どのような形でメールが配信されるのか?確認してから送信したい。文字化けや意図しないところでの改行などをなくします。
全員に送信する前に、テスト送信というボタンがあり、そちらにメールアドレスを記載し、テストできます。

確実に届く配信エンジン
携帯各社は、メールマガジンの配信に非常に敏感になっています。同じサーバーから大量のメールが配信されていると検知した場合、携帯キャリアは、そのサーバーからのメールマガジンが携帯へ到達するのを遅らせたり、削除したりしてしまいます。
このシステムでは、自動で送信スピードを遅らせる事ができ、できるだけ多くの人にメールマガジンが到達できるようにします。

不着メール管理機能
受信者の設定により、メールが到達できなくなる場合があります。それを自動で検知して、配信停止を行ないます。
到達しないメールを送信するとサーバーに負荷がかかり、これがひどくなるとサーバー契約会社より追加料金の請求がくる場合があります。
このメールマガジンのシステムでは、これも自動で行なわれます。

配信履歴とバックナンバー
これまで送信したメールマガジンの内容を一覧でページ表示してくれる機能です。バックナンバーとして、登録者にURLを送信し見てもらう事も可能です。バックナンバーとして表示させるかどうかの設定も可能で、自由度が高いと言えます。

空メール登録
携帯やスマートフォンで、自分のメールアドレスを入力するのは、大変な場合があると思います。
「空メールで登録」というボタンを見た事があると思いますが、こちらの機能も可能です。

ダブルオプトイン対応
迷惑メールなどは、自分で登録していないのに、勝手に送信される場合があります。
ダブルオプトインとは、登録を依頼すると、一度確認メールが届き、その中のURLをクリックして始めて登録が完了するシステムの事です。
これを行なう事で登録者とのトラブルを最小限に抑える事ができるようになります。

配信メールテンプレート機能
ヘッダーやフッターを同じものにしたい。毎回決まったフォーマットで送信したい場合は、この機能が利用できます。
テンプレートを追加し、選択することで、定型のフォーマットでメールマガジンを制作することができます。

登録件数カウンター
今現在何人が登録しているのか?を運営しているホームページ上に表示できる機能です。多くの人が集まるという印象があれば、登録者も安心して登録していただけます。

設定エクスポート/インポート
サーバーを移動したい、バックアップを取りたい。テンプレートや設定内容、登録者一覧や配信履歴などをエクスポート。
新しいサーバーに移動であるなら、インポートですぐに復元できます。

管理画面の例

契約サーバーに無料でメールマガジンシステムを導入したい「Acmailer」
配信画面の例。予約配信、メールアドレスの絞り込み、配信テンプレートの選択などができます。

契約サーバーに無料でメールマガジンシステムを導入したい「Acmailer」
メールアドレスと送信者の名前を変更できる画面です。

契約サーバーに無料でメールマガジンシステムを導入したい「Acmailer」
配信履歴の確認画面。バックナンバーに設定することで、登録者が見られるように設定します。

導入方法

契約サーバーに無料でメールマガジンシステムを導入したい「Acmailer」
Acmailerが推奨しているサーバーを利用するか、Xserverを利用することで導入は可能です。インストールマニュアルはこちら

ご自分で設定するのが難しければ、こちらで請け負う事も可能です。

著作表示の義務

契約サーバーに無料でメールマガジンシステムを導入したい「Acmailer」
Acmailerは、著作権表示をすることで無料で利用できます。著作権表示をしたくない場合は、別途料金がかかります。

サーバーのメール送信数の制限

サーバーによって、一日のメールマガジン最大配信数に制限があります。サーバー配信用サーバーを選定する場合は、ご自身の事業規模にあわせて行なってください。
Xserverに関しては、現在プランによって3段階あり、1000通/1日、2000通/1日、3000通/1日と用意されています。

中規模の自分メディアを運営しているのであれば、こちらを検討いただいても良いかと思います。
運営してみて、登録者が大勢になったり、事業規模が拡大した場合は、より最大配信数の多いサーバーに移行であれば問題も少ないと思われます。
メールマガジンの配信は、ホームページ閲覧とは違い、プッシュ型のメディアです。
信用を失う事がないように、設定はきちんとしたいものです。
Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク