スポンサードリンク

読者の私生活とつなげる

読者の私生活とつなげる読者の実生活での出来事と、あなたのネットメディアをつなげます。

一度あなたの投稿を読んだ人が、その関連する出来事が起こる度に、あなたのネットメディアを思いだし、再度戻ってきてもらう。
また読みたくなる。そんな状況を作り出します。

人は、実際に感じた事を脳に蓄積しやすいです。つまりは、記憶しやすくなります。

痛い!辛い!臭い!という痛みの感覚。
気持ちいい!心地良い!嬉しい!などの楽しい感覚。

この感覚を表現することで、そういえば、同じ体験をした人がいたな。
と思ってもらえ、再訪問する確率が高まります。

重要なのが、五感と連動させる
ということです。

文章から、人は頭の中で情報を組み立てます。
作り上げた情報だけでは、ただの無機質な情報の塊です。

そこに、感情を載せることで、イメージとなり、記憶されやすくなります。

その記憶が沸き起こるたびに、あなたのネットメディアを思い出してもらいましょう。

例えばこんなイメージを相手に伝える。

”寒い冬の日。眠たい中、なんとか起き上がって、しばらくぼーっとしてる。
今日も頑張ろう。そして、目を覚まそうと思った時に、顔を洗う。
お湯が使えればいいのですが、面倒だな。めんどくさがり屋。

手がかじかむほどの冷たい水で顔を洗う。
「ひぇ〜冷たい!」顔の肌が引き締まるのがわかる。”

このように具体的に情景をイメージし、更に冷たいという感情を持ってもらうことで、
顔を洗うときはもちろん、冷たい!と思った時に、脳の深い部分で、あなたのネットメディアを思い出してもらえる確率が高まります。

そのイメージが強烈であればあるほど、記憶が蘇りやすくなります。

テレビなどで多様されていますね。

知らず知らずの内に、商品のことを頭の中にいれ、実生活とリンクします。
そして、店頭などで、見た時に、フックがかかって、欲しいと思わせるわけです。

感情にフックを掛け、イメージを増幅させます。

人の心の奥底の嫌な部分にフックをかけて、引き出してあげる。
そのフックをかけて引き上げたものを認め合う事で、人はより深いレベルでつながれます。

もやもやしていることは、人に知られたくないこと。
前項の例では、朝シャッキリ起きられないのは、上司には知られたくないことかもしれません。
たくさんの人に知られたくないことが心の中にありますよね。

五感が伴ったイメージを読者にしてもらい、痛みと快楽を通して、読者自身が、記憶がよみがえる行動をする度に、イメージさせたあなたのネットメディアを思い出し、人が集まってきます。

まとめ:
– あなたのメディアと読者の実生活をリンクさせる
– 痛い感覚。楽しい感覚。の2つは記憶されやすい
– 感覚や感情が伴う形で具体的に情景をイメージさせる。
– 相手を思い通りにするために使う技術ではない。
– 記憶や感情から気づきを与えるスタンスが重要
Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク