スポンサードリンク

名前を呼ぶ

名前を呼ぶコメントやメッセージなど、投稿をしていくうちにつくようになります。
その返信の最初に、その方の名前を出来る限り書いてください。

たとえ、その内容が、

否定的でも。批判的でも。称賛でも。感動でも。

最初に、その人の名前を書きます。
名前を呼ぶことで愛は伝わります

例えば、読者が何かしらの原因で怒り(読者の過去の許せないかった体験との呼応)が起った場合でも、
名前をところどころに使い、呼びかけることによって徐々に、トーンダウンしていきます。真剣さを伝えるという面でも、とても効果があります。

人がこの世で一番美しく響く言葉は自分の名前です。

例えば、あなたがすごくうるさい町中にいたとして、遠くの方から、あなたの名前を叫んでいる人がいる。
あなたは振り向いてしまいます。それはインターネットの世界でも同じです。

あなたの名前が書いてある。
しかも、感謝の言葉や感動の言葉と一緒に書かれていたら、とても自分は大切に扱われているんだと思ってもらえます。

人の名前を覚えて伝えるということは、素晴らしい力を秘めています。
あなたは私にとって大切な人ですよ。という事を伝える効果があります。

ただ注意点として、ただ名前を連呼すれば良いという事ではありません。
一つの投稿に、1〜3個が限度でしょう。それ以上書き込むと、違和感を感じる人が出てきます。

名前を言う事は、愛を伝えることに直結しています。
ネット上での一期一会。その出会いを大切にして、きちんとした対応をする。
そんな意思表示でもあります。

また、きちんと伝えるために、敬称というものがあります。
ビジネスのホームページであれば、様。もう少しフレンドリーなホームページであれば、「さま」や「さん」を使うことをおすすめします。

これは、集まってくる人がどんな生活をしているかを基準に考えてください。
様をさまにすると、少し砕けた表現になります、それでいて、丁寧さを失わない。そんな印象を与えます。

名前を使い、敬称を使い、敬い、尊敬することで、徐々にその読者との壁を乗り越えていきます。

コメントの返信に名前を記載することで、あなたの対応を他の読者が読むことになり、ホームページ自体の信頼性も上がります。

また、名前を呼ばれることで、特別感を感じてもらえる場合もあります。
あなただけに当てはまった、あなただけのオリジナルの情報であるときちんと伝えることができる技術です。
あなたがその読者のコメントに親身になって答えれば答えるほど、名前+親身で特別感の力が高まります。

人は自分だけのものが大好きです。
全て同じ既成品よりも、オーダーメイドの製品を好み、手に入れたいと考えるのが一般的です。

あなたが出す言葉が、たとえ短くても、その人にとってはオーダーメイドです。
オーダーメイドだと思ってもらうには、強いメッセージ性がある名前を有効に使ってみてください。

その人の存在価値を肯定し、名前を言う事で愛を表現することができます。

まとめ:
– 自分の名前はこの世で一番美しく響く言葉
– 1〜3度ほど一つの投稿で名前を使うのが良い
– 敬称を環境に合わせて使う
– 人は特別感をくれるオーダーメイドが好き。
Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク