スポンサードリンク

WordPress本体とプラグイン、テーマの自動バックグラウンド更新の設定方法

毎回毎回、更新してくださいって表示されます!

WordPressを使っていると、本体やプラグイン、テーマなどで、更新が可能ですよ!という数字が表示されると思います。
古いソフトウェアを使っていると、セキュリティー上問題があります。できるだけ最新の状態を保つことで、ハッカーなどからの侵入を防ぐことができます。
このページでは、Wordpressの自動更新についてお伝えします。

自動バックグラウンド更新ができるかどうかを調べる

お使いのサーバーが自動的に更新する機能を持っているかどうか?をプラグインをインストールすることで調べることができます。
まずは、「Background Update Tester」というプラグインをインストールしましょう。
テストが終わったら、このプラグインを削除します。(必要のないプラグインは削除することをおすすめします)

プラグインを新規追加します。

プラグインを新規追加します。
「プラグイン > 新規追加」をクリック、「Background Update Tester」と入力してください。

インストールします。

インストールします。
このように該当するプラグインをインストールします。
ちなみにこのページで検索して出てくるのは、Wordpressの公式プラグインですので、他のホームページからダウンロードするプラグインよりも比較的安全性が高いものになります。

有効化します。

有効化します。
インストールが完了したら、「プラグインを有効化」してください。

テストします。

テストします。
有効化した後、「ダッシュボード > Update Tester」をクリックします。そのままテストを行っていただくと、このような文字が表示されます。
緑の文字でPASSと表示されていれば、問題ありません。自動更新ができないという判定になるとPASS以外の文字が表示されると思います。

停止します。

停止します。
不必要なプラグインは削除しましょう。「プラグイン > インストール済みプラグイン」にて、「Background Update Tester」を停止します。

削除します。

削除します。
停止後に削除ボタンが表示されるので、削除をクリックし、上記の画面で完全に削除してください。
これでテストは完了です。

自動バックグラウンド更新を設定する

自動バックグラウンド更新には4種類あります。コアファイルの更新、プラグインの更新、テーマの更新、翻訳の更新です。
これらを別々に設定することが可能です。trueは有効化をする。Falseは無効化するという意味です。用途に合わせてお使いください。

コアファイルの自動更新を設定する

マイナーバージョンとメジャーバージョンの違い。
マイナーバージョンは、3.8.1から3.8.2など小さな更新。
メジャーバージョンは、3.8.1から3.9など数字が大きくなる更新を指します。
下記の内容をfunctions.php内に記載します。

マイナーバージョンの自動更新を有効化する

メジャーバージョンの自動更新を有効化する

プラグインの自動更新を有効化する

こちらのフィルタをfunctions.phpの中に追加します。

テーマの自動更新を有効化する

こちらのフィルタをfunctions.phpの中に追加します。

翻訳の自動更新を有効化する

こちらのフィルタをfunctions.phpの中に追加します。

まとめ

ネット上では、常にハッカーやウイルスの脅威にさらされています。
自動的に防護できるのであれば、それに越したことはありません。
このように自動的に更新できるようにしておけば、更新されないホームページであったとしても突然ハッカーによって乗っ取られた!なんてことも減ると思われます。

Pocket
Share on LinkedIn


スポンサードリンク