イメージング

テーマは「愛」。メディアに人を呼び込む技術。

人が集まるテーマ選びのコツ-これから伸びる競合がいるテーマを少し視点を変える

これから伸びる競合がいるテーマを少し視点を変える 自分に合った分野を見つけたい。 コミュニティに人を集めたい。 競合がたくさんいすぎて難しそう。 お客様同士がつながるコミュニティを作成する時に、どのようなテーマで作成したら良いか?に迷う時があります。 メジャーなキーワードを使ったコミュニティでは、人が飽和しすぎていてどうにもならない。 全く同じようなテーマで作成したとしても、人が流れてこなくて、結局うまくいかないなんてこ...

やらなきゃいけないことをやる事に自然に変化させる。行動スピードのパフォーマンスをあげる。

やらなきゃいけないことのパフォーマンスをあげる あれやらなくちゃ! これやらなくちゃ! やらなきゃ行けない事がいっぱいだ! いつも「やるべき事」に追われて、自分の得意な事や好きな事に集中できずに、「このままでいいのかな?」って思いながら目の前の事に一生懸命取り組んだりしていませんか?やらないといけない事っていろいろあるますね。 早く終わらせればいいのに、もっとちゃんとやりたい。でも、うまく言っていないような気がする。始めるま...

アイデアが出ない時に使う方法。アイデアをひねり出す。「オズボーンのチェックリスト」

更なるアイデア アイデアが出ない! 見方を変えたい! 多くの可能性を探りたい! 一方方向の認識だけで、物事を進めるとどんどん可能性やターゲットが狭まっていきますね。一つの事柄を大きく広げて、全体的なバランスを見ながら、進める事で漏れがなく、進める事が可能です。オズボーンのチェックリストというものがあります。アイデアに行き詰まったら、この8つのチェックをあてはめて、アイデアを広げる事ができます。 ...

できるだけ狭い分野で一番になることで、差別化できる

できるだけ狭い分野で一番になることで、差別化できる さて問題です。(よくある質問) 日本一高い山はどこですか? 「はい!富士山です。」 それでは、第二位はどこですか? 「南アルプスの北岳という山」 それでは、3位は? 「奥穂高岳(飛騨山脈)」 このように、1位は覚えていても、2位以下は覚えていられない。 (覚えていた方もいるかもしれませんが)。 できるだけ狭い分野で一番になることで、相手に思い出して...

公園をイメージする。

公園をイメージする ネット上でコミュニティを作るために、私は何をイメージしたのか? それが、「公園」です。 実際に作るわけではありません。あくまでも頭の中に作ります。 実際に目で見えるもの。そのイメージとネット上の概念を組み合わせました。 それは、こんなイメージです。 大通りがあって、人がたくさん行き来している。 他愛もない会話をしたり、好きな事に没頭したり。 笑い声があったり、怒りで声を荒...

共に受け入れるを伝える

共に受け入れるを伝える 恥をかくのは嫌だな。 失敗して非難されたらどうしよう。 できなかったらどうしよう。 どうしよう。どうしよう。 こういう気持ちがどんどん大きくなって、 「自分にはできるわけがない」という信念を作り上げてきている部分が人にはあります。 「絶対に自分にはできない」と強く自分を納得させようとする気持ち。 「頑張れば克服できるかもしれない」と立ち向かおうとする気持ち。 「できない...

短所を長所として認める。

短所と長所どちらも 短所の反対が、長所です。国語辞典にも載っていることでしょう。 短所と思っていることは、実は長所だったという経験はないでしょうか? 自分のこの部分がダメです。 自分のこの部分が嫌いです。 自分のこの部分を直さないといけないと思っています。 体型の問題だったり、 家族の問題だったり、 仕事の問題だったり、 すごくたくさんのダメな部分を直そうと一生懸命頑張っています。 ダメ...

マスターマインドを作る

マスターマインド ナポレオン・ヒルが提唱する内容、下記引用です。 「マスターマインド」とは、二人以上の、統一した願望や目標を持った人間の集まりのことであり、また、それらの人々の間で行き交う、波長の合った思考のバイブレーションのことです。 by ナポレオン・ヒル あなたを起点に、一定の方向を向き、読者たちも同じ方向を一斉に向くことで、ネット上でのマスターマインドを引き起こすことができます。 ...
1 / 212